債務整理には様々な方法が存在する



債務整理の種類

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産などの手続きがあります。

任意整理とは、借金を減額させて3年程度で分割返済していくというものです。過払い金がある場合は返還請求をします。貸金業者との和解交渉をして返済金額を決定します。3年程度で返済しなければならないので、継続して安定した収入が見込める人が対象となります。

民事再生は、自己破産のように住宅などの財産が処分されることなく大幅に借金を減額させて3年程度で分割返済していくというものです。任意整理と自己破産の中間的な手続きです。自己破産は、裁判所から支払不能であると認められた場合に借金が全額免除になる法的な制度です。

任意整理や民事再生に比べてメリットが大きい分デメリットも生じます。政府が発行する官報に名前と住所が記載されたり、自己破産後数年間は新たにローンを組んだりクレジットカードを作成したりすることができなくなります。

これらの債務整理の手続きは、自分で行うことも可能ですが法律事務所の弁護士に依頼するのが一般的です。問題の解決は早いに越したことはありませんので、まずは弁護士に相談してみましょう。

債務整理は弁護士、司法書士に任せる

借金を合法的に整理する方法を債務整理と言います。債務整理には、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の4種類の方法があります。大雑把に言ってしまうと、どう逆立ちしてみても絶対に借金を返すことができない人が取るべき方法が自己破産です。

一方、多少債務額を減らしてもらうことができれば借金を返していくことができるという人は、任意整理や個人再生、特定調停などの方法を取ることができます。返済不能状態を解決する手段として安易に自己破産を選択しようとする人が少なくありませんが、自己破産は他の方法では借金問題を解決することができない場合に、最後の切り札として選択すべき方法だと言うことができます。

困窮度が比較的軽い場合は、任意整理の方法を選ぶようにするのが得策です。この方法は裁判所を通すことが求められていない方法であるため、スピーディーに問題解決することができます。また、手続きのための費用もそれほどかかりません。ただし、海千山千の金融業者と話し合いをする必要がありますので、司法書士や弁護士のサポートを受けるのが賢明です。