債務整理とは



債務整理について

債務整理とは、借金を抱えている人が借金の額を減らし、重い借金の利息から解放される手続きのことです。債務整理とは、主に3つほ方法があります。任意整理、民事再生、自己破産があります。

任意整理は、これまで払いすぎた利息を元本に当てることで減額した借金を3年間で返済していく方法です。

民事再生とは、裁判所に借金を返済することが困難であることを認めてもらい大幅に借金を減らすことができるのです。一定の財産を守りながら借金を減らして返済していくのです。

自己破産とは、裁判所に全ての借金を返済することが困難なことを認めてもらって全ての借金をなくすことです。今後の生活を立て直すことができる最短の方法としてありますが、クレジットカードを作ることができなかったりデメリットも色々とあります。

そんな債務整理をすることで明るい未来が待っているのですが、やはり、借金は計画的に返済して、返済できる額をしっかりと考えて借りることが大切です。