債務整理について



債務整理の概要

債務整理とは、お金を借りている人の状況に合わせて借金問題を解決する手段の1つです。債務整理は任意整理、自己破産、民事再生・個人再生、特定調停の4つに分ける事ができます。任意整理は裁判所を通す事なく、司法書士や弁護士が債権者と任意で交渉をする方法です。

すべての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのがこの任意整理の手続きです。自己破産は経済的に破綻をしている状態で、債権者に借金を返済できない場合に最低限の生活に必要なもの以外の財産を換金し、そのお金で全ての債権者に対して公平にお金を返済するための手続きであり、裁判上での手続きとなります。

民事再生や個人再生は経済的に厳しい債務者の事業や、個人の経済的な生活を再生するために行われます。行った場合、債務の中の一定額を三年で分割払いすれば残金は免除です。特定調停は簡易裁判所で民間の調停員を挟み、当事者に返済方法などの話し合いをして解決方法を決めていきます。返済が決まった場合、原則として三年以内の完済が必要です。