債務整理の手続きはどのような流れなのか



債務整理の手続き

債務整理の方法は、大きく4種類に分けることができます。具体的には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類になりますが、それぞれ根拠法が異なっています。手続きの根拠となる法律が異なっているため、申し立て要件や法的効力などに大きな違いが生じています。

借金の負担を軽くするためにこれから債務整理をしようと考えている人は、専門家に相談して、自分が置かれている状況に一番適した方法を選択する必要があります。

たとえば、自己破産の申し立てをするには既に支払不能状態に陥っている必要があります。一方、特定調停や個人再生の申し立てをする場合には、支払不能になるおそれがあるだけで十分です。また、任意整理の場合は特別な申し立て要件が何もないため、いつでも自由に任意整理に取り掛かることができます。

ちなみに、任意整理は当事者間の話し合いで借金を整理する方法ですから、裁判所を通す必要がありません。しかし、特定調停の場合は、必ず簡易裁判所に申し立てることになっています。また、個人再生や自己破産の申し立ては地方裁判所に対して行う必要があります。

手続き前にメリット、デメリットを確認

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産などの手続きがあります。任意整理と民事再生は、借金を減額して決められた期間内に返済するという手続きです。自己破産は、裁判所で借金の返済が不可能であると認められた場合、借金が全額免除されるという手続きです。

任意整理や民事再生に比べてメリットが大きい分、デメリットも生じます。メリットとしては、借金がゼロになるので心機一転新たな人生をスタートさせることができ、不安やストレスが解消されて穏やかにな生活を取り戻すことができるということです。

デメリットとしては、政府が発行している官報に名前と住所が記載される、金融機関におけるいわゆるブラッリストに載る、自己破産後数年間はクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができない、住宅などの財産を手放さなければならないなどがあります。自己破産の手続きを行う場合は、このようなメリットとデメリットをしっかりと理解して確認しておく必要があります。